利用シーン

 FoodDataBankを使って出来る事の一部をご紹介します。
具体的な個別の案件のご相談も承っておりますのでぜひお気軽にご相談ください。

新商品開発

一言で新商品の開発と言っても、ターゲットの年代や性別などの属性に加え、
「周りが知らない新しい一品」と「みんなが知っている定番品」とでは作るメニューも変わってきます。
食べて欲しいターゲットとコンセプトを明確にする事でより具体的なメニュー立案に役立てる事が出来ます。

トレンドの3つの分類発見

発見
新しく投稿され始めたまだ知名度が低いメニューやキーワード

流行
増加率が高く話題になりつつある、今まさに話題になっているメニュー

定番
多くの人が知っているメニュー
安定の一品

既存商品のリニューアル

既存のメニューのリニューアルは定期的に行われます。
その時にどのような基準で改廃を行っていますでしょうか。
季節商品・原材料の取扱終了など様々な要因がありますが、「売上が落ちたから」という事はありませんか?

自社の売上データとFoodDataBankで取得出来るトレンドを掛け合わせる事で、
どのメニューの改善が必要なのかがわかります。

売上が落ちていてもトレンドが上がっているのであれば、
メニューを改善すれば売上復活が見込めます。
逆に売上が上がっていても、トレンドが下がりつつある場合は、
今後売上が下がるかも知れないと事前に予兆を掴む事が出来ます。

商品ネーミング

商品のネーミングは売上を大きく左右させる非常に重要なポイントです。
FoodDataBankでは相性の良いキーワードを調べる事が出来ます。